2018.12.06 更新 | WordPress

BackWPupでWordPressの自動バックアップを取る方法

BackWPup設定方法
シェア ツイート  B! はてブ Google+ Pocket
いつ、いかなる時でも、イレギュラーが起こった時に備えて、
お手持ちのスマホやPCの中身のバックアップを取っておくことは必要不可欠
です。
それは、WordPressにおいても同様です。
「BackWPup」というWordPressのプラグインを使うことで、
自動でファイルとデータベースをバックアップすることができます。
WordPressでサイトを構築する場合は必須のプラグインとなっています。
このWordPressを使って
バックアップの設定をする方法を図解で解説していますので、
ぜひ参考にしてください。

1.BackWPupの導入手順

まず、「WordPressの管理画面→プラグイン→新規追加」と進みます。
キーワードの検索窓に「BackWPup」と入力して検索し、
「BackWPup」のプラグインが表示されるので、
「今すぐインストール」をクリックします。
インストール完了後は「有効化」をクリックします。
これにて「BackWPup」のインストールは完了です。

2.BackWPupの設定方法と使い方

WordPress管理画面の左メニューの
「BackWPup→ダッシュボード」と進みます。

2-1.BackWPupジョブを作成

BackWPupはバックアップのことをジョブと呼んでいます。

ジョブは

  • データベースのバックアップ
  • ファイルのバックアップ
  • WordPress の XML エクスポート
  • インストール済みプラグイン一覧
  • データベーステーブルをチェック

というように細かく設定することができます。

「一般」について

まず、ジョブにわかりやすい名前をつけます。

そして、任意でジョブの選択をします。

ここでは

  • データベースのバックアップ
  • ファイルのバックアップ
  • WordPress の XML エクスポート
  • インストール済みプラグイン一覧

を選択しています。

ジョブのファイル形式は
ファイルサイズが圧縮されるので
「Tar GZip」を選択します。

そして、バックアップファイルの保存先を選択します。

ここでは「Dropbox」を選択します。

「スケジュール」について

ジョブの開始方法ですが、
デフォルトでは「手動」になっているので
「WordPressのcron」に切り替えて下さい。

実行時間の設定をします。

ブログへのアクセスが
比較的少ない時間帯に設定するとよいです。

「DBバックアップ」について

バックアップファイルの圧縮を
デフォルトの「なし」を「GZip」に切り替えます。

「ファイル」について

こちらのファイルに関しては
どの項目もデフォルトのままで
良いので触らなくても大丈夫です。

「プラグイン」について

プラグインのファイル圧縮形式を
デフォルトの「なし」から「GZip」に切り替えます。

「宛先:Dropbox」について

Dropboxのアカウントを持っていれば
そのまま「Dropboxのアプリ認証コードを取得」をクリックして下さい。

もしアカウントを持っていないのであれば
「アカウントを作成」から進んでください。

その後はバックアップを保存する
Dropboxの認証作業に進みます。

「BackWPup」が「Dropbox」への
アクセスをリクエストを求めています。

という画面になるので、「許可」をクリックして下さい。

認証コードが表示されますので、
コピーして下さい。

コピーしたコードをDropboxのアプリへの
アクセスの欄に貼り付けて下さい。

以上でBackWPupのジョブ設定(バックアップ設定)は完了です。

この設定によって、WordPressは設定した間隔で
自動でバックアップされるようになりました。

2-2.バックアップを手動で作成

確認のため、手動でも
バックアップができるかどうか試してみましょう。

WordPress管理画面の左メニューの
「BackWPup→ダッシュボード」と進みます。

BackWPupのダッシュボードで
「作成したジョブを実行」をクリックします。

ジョブ一覧の画面から
先ほど設定したジョブを選択して
「今すぐ実行」をクリックします。

警告もエラーもなく完了すれば
無事にバックアップが作成されています。

2-3.Dropboxのファイルの中身を確認

バックアップが完了したのちに、
バックアップ先であるDropboxにもちゃんと
データが保存されているかどうかを確認しましょう。

初期設定のままで保存していたら、

アプリ→BackWPup→ブログ

の名前の中にバックアップデータが保存されているはずです。

 

これで、問題なくWordPressのバックアップができることが確認できたので、
あとは自動でバックアップされるので特に触る必要はありません。

3.バックアップデータの復元方法

  1. 新しいWordPressをインストールして下さい。
  2. サーバー上の新しいWordPressに
    「theme」(テーマ)と「plugin」(プラグイン)をアップロードします。
  3. テーマを有効化します。
  4. プラグインを有効化します。(エクスポートファイルがあるものはインポートします)
  5. パーマリンク設定やメディアなどの設定をします。
  6. XMLファイルのインポートをします。
  7. ウィジェットの設定を行います。
  8. PINGの設定を行います。

以上でバックアップデータの復元ができます。

まとめ

いかがでしたか?

以上でBackWPupの設定は完了となります。

バックアップをしておけば、
データが自動で保存されるのはもちろん、
ブログを移行する際にもこのデータを使うことができます。

ぜひこの設定は早めに完了させて、
自分の発信に集中できる環境を作ってみてくださいね。

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

新田祐士プロフィール画像

監修・新田祐士

「ネットを使った教育産業化」をテーマにして、様々な業界と関わるようになる。インターネットを使って、様々な業界が「教育産業」となって、その業界に関わった人たちが成長するような仕組みを作り、今の教育機関に変わる新たな教育システムを作ることを目指している。