2018.12.10 更新 | WordPress

1クリックで記事を複製できるDuplicate Postの導入から使用方法

シェア ツイート  B! はてブ Google+ Pocket

ワードプレスで記事をどんどん書いていると、
同じ記事を複製したくなるシーンが度々出てきます。

「似たような記事構成で新たな記事を作りたい!」

「一度作った構成をひな型として次の記事に使いたい!」

そんな時に便利なプラグインが
「Duplicate Post」です。

このプラグインを使えば、
1クリックですぐに記事を複製することが可能になります。

そこで、今回の記事では、
この「Duplicate Post」の導入から設定まで
図解付きで解説しました。

効率的に作業を進めるためにも、ぜひ導入してみてください。

1.Duplicate Postの導入

早速、「Duplicate Post」をWordPressに
インストールしていきましょう。

まずは、WordPressの管理画面
「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。

管理画面

右上の窓枠に「Duplicate Post」と入力すると、
プラグインが表示されるので、
「今すぐ有効化」をクリックしましょう。

新規プラグイン

これで「Duplicate Post」の導入は完了しました。

2.Duplicate Postの使い方

「Duplicate Post」は、
導入して有効化するだけで、
すぐに複製機能を使用することができます。

(詳細の設定方法はまた後ほど記載しています。)

 

使い方はとても簡単。

まずは、記事の投稿一覧の画面へ進みましょう。

「Duplicate Post」を導入すると、
以下のように「複製」という選択が表示されるようになります。

複製

もし、この「複製」の表示がされていない場合は
プラグインを有効化できていない可能性があるので、
改めてプラグインの画面で確認してみましょう。

そして、複製したい記事を選んで
この「複製」ボタンをクリックすると・・・

複製

このように、記事投稿画面の一番上に、
「下書き」として複製することができます。

これが、「Duplicate Post」の
基本的な使い方の流れになります。

あとは、どの項目を複製するか?などを、
以下から説明していく「設定方法」で調整していくことができます。

3.Duplicate Postの設定方法

ここからは、「Duplicate Post」の
詳細の設定についてお伝えしていきます。

まずは、管理画面の

「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」

から、「Duplicate Post」の「設定」まで進みます。

 

プラグイン設定

すると、このようなページが表示されます。

Duplicate Post

ここでは記載の通り、
どの要素を複製するのかをチェックを入れて選べます。

また、「権限」のタブをクリックすれば、投稿者権限を選べたり、
どの投稿タイプを複製可能にするか?を選ぶことができます。

Duplicate Post

このプラグインを使用する権限を調整したい場合は、
必要に応じてここにチェックを入れましょう。

また、「表示」のタブでは、
リンクを表示する場所を選べます。

Duplicate Post

特に必要がなければ、
ここはそのままでも構いません。

この設定をすることによって、
複製した時にどの項目を反映させられるか?を
選ぶことができるようになりました。

4.まとめ

これで、
「Duplicate Post」の導入から使用方法、
詳細設定のやり方は以上になります。

早速、この記事を参考にプラグインを導入し、
ワンクリックで記事の複製をできるよう設定してみて下さい。

それでは、最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

新田祐士プロフィール画像

監修・新田祐士

「ネットを使った教育産業化」をテーマにして、様々な業界と関わるようになる。インターネットを使って、様々な業界が「教育産業」となって、その業界に関わった人たちが成長するような仕組みを作り、今の教育機関に変わる新たな教育システムを作ることを目指している。