2018.12.10 更新 | WordPress

WordPressグローバルメニューの設定方法をゼロから解説

global
シェア ツイート  B! はてブ Google+ Pocket

今回は、WordPressの
「グローバルメニュー」の設定方法を解説していきます。

グローバルメニューとは、
ワードプレスの上部にある下線の赤い枠にあるような
メニュー部分を指します。

(「ナビゲーションメニュー」と呼ぶこともあります。)

グローバルメニュー

グローバルメニューの表示形式は
WordPressのテンプレートによって様々ですが、
どのテンプレートでも、ある程度は操作方法は同じです。

設定自体はとても簡単なので、
早速、グローバルメニューの設定方法を解説していきましょう。

1.WordPressのグローバルメニューとは

一般的なブログであれば、

  • ブログカテゴリー
  • プロフィール
  • メールマガジン
  • サービス
  • お問い合わせ先

といった項目をグローバルメニューに設定することが多いでしょう。

そして、これらを用意することによって、
訪問ユーザーがよりサイト内コンテンツへと
アクセスしやすくなるのです。

 

そのため、快適にコンテンツを読んでもらうためにも、
このグローバルメニューを使いやすく設定しておくことは重要です。

また、グローバルメニューに
どんなコンテンツを配置するのかによって、
全体のPV数やアクセス数、コンバージョン(成約)率も
大きく影響してきますので、ぜひここで設定方法を覚えておきましょう。

2.WordPressグローバルメニューの設定方法

それでは、これからWordPressグローバルメニューの
具体的な設定方法について順を追って解説していきます。

ぜひ、記事を読みながら手を動かして
設定を完了させて下さい。

2-1.グローバルメニューの設定画面

まずは、ワードプレスのダッシュボード(管理画面)にログインして、
左側にあるサイドバーの「外観」から、「メニュー」を開きます。

外観→メニュー

この画面から、グローバルメニューの設定をしていきましょう。

2-2.メニューを新規作成する

まず、新しくグローバルメニューを作成する場合は
「新規作成」をクリックします。

グローバルメニュー

「メニュー名」の入力が求められるので、
ここに任意のメニュー名を入力します。

ちなみに、このメニュー名は管理用になりますので、
自分が見て分かるものであれば問題ありません。

メニュー名入力

WordPressでは、複数のメニューが設定できる仕様になっていますので、
今回は先ほど作成したメニューを操作して設定していきましょう。

(違うメニューを操作する場合は「編集するメニューを選択」から選びます)

メニューを選択

 

2-3.メニュー内に任意のコンテンツを追加

メニューの作成が完了すれば、
次はこのメニュー内にコンテンツを作成していきます。

 

やり方は簡単で、左側にあるサイドバーから、
メニューに追加したい項目にチェックを入れて選択し、
「メニューに追加」をクリックします。

グローバルメニュー設定

すると右側の「メニュー構造」の欄に
チェックを入れたものが表示され、
グローバルメニューに反映されるようになります。

メニュー構造

こうしてメニューを追加した後は、
右上にある「メニューを保存」をクリックします。

 

メニューを保存

ただし、ここで上記画像のように、
左側に「固定ぺージ」や「カテゴリー」がそもそも表示されてない場合は、
WordPress上にまだそれぞれが作成されていない状態です。

固定ページやカテゴリーを作成すれば
自動でここに表示されるようになりますので、
まずは任意のコンテンツを作成してから
グローバルメニューを設定しましょう。

 

同じ要領で、追加したい項目を左側から追加していき、
メニューを作成していきます。

グローバルメニュー

ここまで設定した後は、
実際にグローバルメニューに反映されているかを
確認してみましょう。

 

確認する方法は様々ですが、
例えば上の「ライブプレビューで管理」をクリックすれば、
実際のプレビューを確認することができます。

(テンプレートなどによって仕様が異なります)

ライブプレビュー

実際に、このようにグローバルメニューに
反映されていれば設定完了です。

グローバルメニュー

※こちらの表示形式もWordPressのテンプレートの
種類によって様々ですが、操作方法は同じです。

2-4.メニューの並び替え方法

設定したグローバルメニューを並び変える場合は、
「メニュー構造」に設定してあるタブを
ドラッグ&ドロップすれば入れ替え可能です。

メニューの入れ替え

 

2-5.メニューの設定

「メニューの設定」の部分では、
グローバルメニューをWordPress上のどこに配置するのか?
などを設定することができます。

 

メニューの設定

記載の通り、

「固定ページを自動追加」

にチェックを入れると、今後固定ページを作成するごとに、
自動でグローバルメニューに追加されるようになります。

 

そして、「メニューの位置」にチェックを入れないままだと
せっかく設定したグローバルメニューが表示されないので、
ここは忘れずに任意の場所にチェックを入れるようにしましょう。

表示される場所はテンプレートなどによって異なりますが、
基本的にはトップページに表示される位置にチェックを入れるようにしましょう。

2-6.グローバルメニューの位置の管理(変更)

テンプレートによって異なりますが、
メニューはWordPress上に複数持つことができます。

メニューを複数設定している場合には、「位置の管理」から、
どこの位置にどのメニューが設定されているかを
確認・変更することができます。

 

位置の管理

 

2-7. ドロップダウンメニューの設定

グローバルメニューでは、
親メニューの下に子メニューをドロップダウンで、
メニューの上にカーソルを当てると表示することができます。

 

服項目

(こちらもテンプレートによってデザインは多少異なります。)

やり方は簡単で、「メニュー構造」の
項目を少し右にずらしてドラッグするだけです。

ドロップダウン

すると、上記のように、
上の項目の副項目(サブアイテム)として表示されるようになります。

3.まとめ

今回は、WordPressにて
グローバルメニューの設定方法を解説しました。

グローバルメニューは
ブログに訪れたユーザーにとっても目につきやすく、
コンテンツ回遊率を高める上で非常に大切な要素となってくるので、
ぜひ、今回の記事を参考にわかりやすいブログを構築してください。

それでは、最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

新田祐士プロフィール画像

監修・新田祐士

「ネットを使った教育産業化」をテーマにして、様々な業界と関わるようになる。インターネットを使って、様々な業界が「教育産業」となって、その業界に関わった人たちが成長するような仕組みを作り、今の教育機関に変わる新たな教育システムを作ることを目指している。