2018.12.06 更新 | WordPress マーケティング

Googleアナリティクスの導入から設定方法まで図解で解説

Googleアナリティクス設定方法
シェア ツイート  B! はてブ Google+ Pocket

今回の記事では、「Googleアナリティクス」について解説していきます。

インターネットを用いてビジネスを行う際、
鍵となってくるのは「結果の数値化」です。

例えば、ブログを解説したとしても、
どの記事にどれぐらいの閲覧者がいて、
リピーターがいるのか。

その数値を定点観測することで、
次への戦略を立てることが出来るのです。

 

では、数値を想定するには
何か特別な設定が必要なのか?

実は、この「数値の測定」を可能にするのが
この「Googleアナリティクス」です。

そこで、この記事ではGoogleアナリティクスの設定方法を
初心者でもわかりやすいよう、はじめから丁寧に解説します。

ぜひこの記事を見ながらGoogleアナリティクスの設定を完了し、
また、数値の見方も習得してGoogleアナリティクスを使いこなして下さい。

1.Googleアナリティクスとは?

Googleアナリティクスは、
Google側が無料でサ-ビスを提供しているアクセス解析ツ-ルです。

Googleアナリティクスに登録したサイトの様々なデ-タを解析することで、

  • アクセス数はどのくらいか
  • どのペ-ジにどのくらい滞在しているのか
  • どこを修正・改善していけばいいのか

などの戦略や方向性を組み立てていくことができます。

早速、設置作業を進めていきましょう。

2.Googleアナリティクスの設置手順

Googleアナリティクスを設置する流れは
大まかにこのようなステップです。

  1. Googleアカウントの登録
  2. Googleアナリティクスへの登録
  3. Googleアナリティクスからトラッキングコ-ドを取得
  4. トラッキングコ-ドをサイトに貼り付ける

以下で、順番に説明していきます。

2-1.Googleアカウントの登録

まずは、Googleアカウントの登録を行います。

以下よりログインするか、
「Googleアナリティクス」と検索窓に打ち込み、
サイトへアクセスします。

Google Analytics

すでにGoogleのアカウント持っている場合は
そのままログインできますが、アカウントを持っていない場合は
「アカウント作成」より必要情報を入力していき、
登録作業を進めていきましょう。

2-2.Googleアナリティクスへの登録

ログイン後は、
Googleアナリティクスの登録画面へ進んでいきます。

 

 

案内に従って「お申し込み」をクリック。

「アカウントの設定」画面で、
登録するサイトの情報を入力していきます。

※こちらに登録したサイトの解析コ-ドを取得し、そのコ-ドをサイトに埋め込む形になります。

  • 「アカウント名」:任意のアカウント名を入力します。今後、複数のアカウントを管理する可能性もあるので、わかりやすい名前にしておきましょう。(後から変更可能です)
  • 「ウェブサイト名」:こちらも後から変更可能ですが、わかりやすい名前を入力します。
  • 「ウェブサイトのURL」:ちらにアクセス解析を設定するサイトのURLを入力します。
  • 「業種」:自身のサイトに適した業種を選択します。
  • 「レポ-トのタイムゾ-ン」:国内であれば、日本を選択しましょう。

必要情報を入力した後、
ペ-ジ下の「トラッキングIDを取得」をクリックします。

次に表示される利用規約を確認し、
チェックを入れた後、「同意する」をクリック。

以上で、Googleアナリティクスへのサイト登録が完了しました。

2-3.Googleアナリティクスからトラッキングコ-ドを取得

次に、Googleアナリティクスの画面から
トラッキングコ-ドを取得します。

ここまでの登録を完了しておくと、
そのサイト専用のトラッキングIDを取得することができます。

こちらに表示されている
文字列(トラッキングコ-ド)を全選択し、コピ-します。

2-4.トラッキングコ-ドをサイトに貼り付ける

次に、このトラッキングコ-ドをワ-ドプレスに貼り付けます。

どこに貼り付けるのか?は
テンプレートなどによって方法は異なるのですが、
今回はワ-ドプレスの編集画面から直接貼り付ける方法を説明します。

ワ-ドプレスのダッシュボ-ドから、
「外観」→「テ-マの編集」へ進んでいきます。

右側にある「テ-マヘッダ-」をクリックしてください。

テ-マヘッダ-のソ-スを開いたら、
次にソ-ス内から「 </head> 」の記述を探してください。

※ソ-ス内の記述を検索するには、

  • 「command + F」 (macの場合)
  • 「ctrl + F」 (Windowsの場合)

にて検索すると便利です。

</head>の直前に、
先ほど取得したトラッキングコ-ドを貼り付けます。

トラッキングコ-ドを入力後、
「ファイルを更新」をクリックします。

これで設置は完了です。

 

また、ワ-ドプレスのテンプレート(テ-マ)によって、
Googleアナリティクスのトラッキングコ-ドを
埋め込める設定があるものもあります。

一例ですが、テンプレートによっては、
ダッシュボ-ドの「カスタマイズ」画面にて
「アクセス解析コ-ドを組み込む場所があります。

 

その他、プラグインからトラッキングIDを入力して
アナリティクスを設置する方法もありますが、
その際にも

  • 「トラッキングID」
  • 「トラッキングタグ」

が必要になってくると思います。

 

その場合は、Googleアナリティクス管理画面の

「管理」→「トラッキング情報」→「トラッキングコ-ド」

より確認・取得することができます。

2-5.デ-タが取れているか確認する

WordPressへのトラッキングコ-ドの設定が終わった後は、
実際にデ-タ解析が反映されているかどうかをチェックしましょう。

数時間以内、最大でおよそ48時間ほどで
数字が反映されていると言われています。
(大抵の場合、すぐに反映されることが多いです。)

アナリティクスが反映されているかどうかは、
「トラッキングコ-ド」から確認することができます。

 

簡単な画面の

「管理」→「トラッキング情報」→「トラッキングコ-ド」

より、
「過去48時間以内にトラフィックデ-タを受信しています。」
の表記があれば問題ありません。

もし反映されておらず、この表示がない場合は、
改めてトラッキングコ-ドをブログに貼り直しましょう。

多くの場合は、トラッキングコ-ドの貼り直しで解決することが多いようです

3.Googleアナリティクスのチェック項目

以下からは、アナリティクスで
よくチェックする項目などを簡潔に説明していきます。

人それぞれ、見やすい表示は様々ですが、
アナリティクスの説明をする際に良く使用される画面がこちらです。

 

こちらは

「レポ-ト」→「ユ-ザ-」→「概要」

で表示されます。

  • セッション:サイトへ訪れた訪問者数
  • ユ-ザ-:サイトへ訪れた人数。一人のユ-ザ-がそのサイトへ5回訪れた場合、セッション数は5でユ-ザ-数は1になる
  • ペ-ジビュ-(PV):ペ-ジが見られた数。一人のユ-ザ-が3つペ-ジを訪れると、1セッションで3ペ-ジビュ-となる。1ユ-ザ-に対してPV数が多いと、サイトの評価は高まる傾向にある
  • 直帰率:最初に訪れたペ-ジからすぐに離脱していった率。直帰率が高いほど、そのサイトは「読まれていない」と評価される傾向にある
  • 新規セッション率:全セッションのうち、新規でサイトに訪れたセッションの割合。

よくチェックする数値は、およそこれらだと思います。

じっくり読み込んでもらえる良質なサイトの典型は、
一人の読者がたくさんのペ-ジを読み込まれている状態です。

 

そのようなサイトは、
ユ-ザ-数に対してペ-ジビュ-が高く、
直帰率が低い傾向にあります。

そういった指標を持ってチェックしてみてください。

 

また、

「行動」→「サイトコンテンツ」→「全てのペ-ジ」

では、ペ-ジ毎の各種デ-タをチェックすることができます。

ここのデ-タから、より詳細に
「どの記事がどのくらいの反応なのか?」を
判断していくことができます。

このように詳細デ-タをチェックしていくと、
例えば数字が著しく低下している記事を重点的に加筆修正していくなど、
その後の方針を組み立てていくことができます。

以上で、Googleアナリティクスの説明は終わりです。

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事を見ながら一通り設定していただければ、
Googleアナリティクスの設定は完了します。

また、その数値の見方に関しても解説しましたので、
ぜひそちらも参考にしてみて下さい。

それでは、最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

新田祐士プロフィール画像

監修・新田祐士

「ネットを使った教育産業化」をテーマにして、様々な業界と関わるようになる。インターネットを使って、様々な業界が「教育産業」となって、その業界に関わった人たちが成長するような仕組みを作り、今の教育機関に変わる新たな教育システムを作ることを目指している。