2018.09.24 更新 | ビジネス

起業家必見のiPadを活用したアイデア脳を作る次世代仕事術

シェア ツイート  B! はてブ Google+ Pocket

こんばんは、新田です。

僕はこの1年で、数年間温めて来た
ビジネスのノウハウやテクニックを一気に全部放出したのですが、
面白いことに、全部出すと、急に膨大な量入って来ますね(笑)

まるで乾ききった布が
大量の水分を吸収していくが如く
どんどん新しいアイデアが思い浮かびました。

またそれも、どんどん公開していこうと思います。

 

ところで、最近、思っていることがあります。

 

それが、

「パソコンって、いずれ無くなるんじゃね?」

ってことです。

 

いや、さすがに無くなるってのは極端ですが、
多分、数年後には、パソコン使う人はほとんどいなくなって
皆iPad使ってるんじゃないかな?って思います。

それくらい、パソコンでできることは、
ほとんどiPadで出来てしまいます。

 

ってなわけで、今日は、
「iPadを活用した次世代仕事術」
を公開しようと思います!

iPadを10倍活用する3つのアプリ

iPad活用術01

まず、必要なのが、次の3つです。
・iPad
・Apple Pencil
・iPad用キーボード

この3つは持っといた方がいいです。
(ちなみに、Appleペンを収納できるiPad用ケースも売ってるので
一緒に買うと良いかと思います!)

 

iPadを買ったら、早速入れたいアプリが、
・Kindle
・エバーノート
・Noteshelf2(有料:1200yen)
です。

Noteshelf2は、ノートアプリです。
(他にもノートアプリは色々あるので、
自分が使いたいやつ使うと良いかと思います。)

Apple Pencilを使って、ノートを書きます。
iPadに書くのって綺麗に書けるのかな?って思いがちですが
普通に紙に書くより綺麗に書けます。

しかも、修正、コピペ、タグ付け、カテゴリ分けなどできるので
普通のノートはもはや要らなくなります。

ちなみに、Apple Pencilは、iPadに差し込めば充電できて
数十秒くらい充電したら数時間は持つので、
充電に困ることはないです。

(あえて言えばiPadの充電は気にしないといけませんが、
念のため、モバイルバッテリーも買っておくと良いかと思います。
(iPhoneもそれで充電できます。)

 

また、エバーノートは、
キーボード打ちするものを残していきます。

僕はメルマガは基本的には全部エバーノートで書いています。

カテゴリ分けやタグ付けもできるので、後で探す時便利だし、
先にここで書いてから、メルマガスタンドに貼り付けるのです。

 

ここまで準備できたら、今度はiPhoneにも、
・Kindle
・Evernote(エバーノート)
・Noteshelf2
の3つを入れてしまいます。

そして、iPadとiPhoneは同期しておきます。

 

これで、準備はOK!

 

さて、では具体的に、
どんな風に仕事をしてるか?というのをお伝えしていこうと思います。

iPadを活用して超速でコンテンツを作る方法

iPad活用術02

まずですね、
Kindleで本を大量に買います。

そして、色々読んで、
学んだことをひたすらNoteshelf2に書いていきます。

ノートを取る感じですね。

セミナーとかも、これ使うと良いかと思います。

 

ちなみに、セミナーは、パソコンでカタカタ打つより、
手書きでノート取った方が良いです。

カタカタ音鳴らすと周りに迷惑だし、
パソコンでノートを取るとどうしても箇条書きになってしまうのですが
それよりも、斜めに矢印書いたりとか、
色や図などを駆使して書けるのも良いです。

あと、Kindleで本を読んでいて、
図とか絵があったら、
それをスクリーンショット撮って、
切り取ってNoteShelf2に貼り付けたりもできます。
(もちろん、その図に書き込んだりも可能です)

なので、凄まじく便利なのです!

 

そして、ノートがある程度溜まったら、
「コンテンツ作り」
をしましょう。

 

コンテンツ作りは、
iPhoneとiPadの両方を同時に使います。

iPhoneでは「ボイスメモ」というアプリを起動し、
iPadではEvernoteを起動します。

Evernoteで「音声入力」モードにして、
iPhoneで録音しながら喋っていきます。

音声入力って思った以上に精度が高く、
普通にハキハキ喋って入れば、勝手に変換もされて
ほぼ正確に打ってくれます。

 

ちなみに「改行」「点」「丸」なども、言ったら反映してくれます。

例えば、

「つまり、
こういうことなんです。

それは・・」

って打ちたかったら、

「つまり てん かいぎょう こういうことなんです まる
かいぎょう かいぎょう それは・・」

って言えば良いわけです。

 

まぁ、そう言ってもいいし、
ボイスメモで撮ったものを音声コンテンツとして使いたかったら
改行とかは無視してとにかくひたすら喋りまくります。

ちなみに、音声録音に関しては、
「ZOOM iQ7」を買うのがオススメです!

iPhoneに差し込むことで、
超高性能な録音機器で撮ったような
クオリティの高い音声が取れます。
(なので、ICレコーダーはもはや要りません!)

 

喋ったら、後で手打ちで修正します。

これでメルマガが1通完成して、
音声コンテンツも出来上がりました。

 

あとは、Dropboxというアプリがあるので、
ボイスメモに撮った音声は、Dropboxに入れておくと良いでしょう。
(これで、他の媒体とコンテンツを共有できます。)

ちなみに、音声入力でメルマガを書くことに関しては、
僕は普段は使いません。

全部手打ちじゃないと、
微妙なニュアンスが伝わらないっていう
こだわりがあるからです。

 

まぁただ、それは僕がこだわりが強いからで、
普通にそれなりの文章を書きたければ
音声入力で、あとで微修正すれば十分です。

「文章書けない!!」
「ライティング力が・・・」
って悩んでいる人は、
とにかく喋る練習をして、
音声入力で書くと良いでしょう。

iPadの進化に見る次世代の働き方

iPad活用術03

さて、これからの時代の働き方ですが、

「技術の省エネ化」

は重要かな、と僕は思っています。

 

昔は、高度な技術や、高額なソフトが必要だったものが、
だんだん要らなくなってきました。

例えば、先ほどのNoteShelf2と、Apple Pencilがあれば、
お絵描きとかもできます。

色も自由に使えるし、
直線とか円とかも綺麗に描ける機能があるので、
多少絵心があれば、イラストレーターで描くような
かっこいい絵が描けてしまいます。

 

あとは、iPadがあれば、動画をサクッと撮って、
アプリを使ってサクサク編集したりとか、そういうのも簡単にできるので、
まだ何も始めてないという方は、一通りの技術は覚えておくと良いかと。

 

「技術の省エネ化」

と言ったのは、
これまで高性能なソフトを使わないとクオリティの高いものができなかったのが
今はお手軽に、省エネで、そこそこのクオリティのものが作れてしまうのです。

 

なので、コンテンツ制作に関しては
なるべくエネルギーを消耗せずにできるように
しておくと良いかなと思います。

 

ぜひ、参考にして下さいね!!

 

それでは、ありがとうございました。

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

新田祐士プロフィール画像

監修・新田祐士

「ネットを使った教育産業化」をテーマにして、様々な業界と関わるようになる。インターネットを使って、様々な業界が「教育産業」となって、その業界に関わった人たちが成長するような仕組みを作り、今の教育機関に変わる新たな教育システムを作ることを目指している。