2018.12.06 更新 | WordPress

WordPressのログイン方法とログインできない場合の対処法

Wordpress ログイン
シェア ツイート  B! はてブ Google+ Pocket

ブログを使った情報発信をするために
必ずと言っていいほど使われるのがWordpress。

今回はそのWordpressのログイン方法や
ログインできなかった際の対処法について解説
していきます。

また、もしWordpressをまだインストールしていない方は、
WordPressのインストール方法」の記事を
先に読んでおいて下さい。

1.Wordpressのログイン方法

WordPressにログインするためには、
最初にログインURLを指定する必要があります。

 

WordPressのログインURLは、
WordPressのインストール方法」の
記事どおりにインストールした状態であれば、

「http://ドメイン名/wp-admin」

または、

「http://ドメイン名/wp-login.php

となります。

※サイトをSSL化している場合は
「http」が「https」になります。

 

URLを入力することで下記のように、
ユーザー名とパスワードを入力する画面が表示されます。

WordPressをインストールした際に設定した、

「ユーザー名」

「パスワード」

を入力して「ログイン」ボタンを押下します。

上記管理画面(ダッシュボード)が表示されれば、
ログイン成功です。

ちなみに、ログインするときに

「ログイン状態を保存する」

項目にチェックを入れておくことで、
一定期間ログインボタンを押すこと無く、自動的に管理画面に移行できます。

ログイン情報を保存する

時間の短縮にもなりますので、
共用端末を使ってログインしない限りは、
ログイン状態を保存しておくことをおすすめします。

2.Wordpressのログアウト方法

共用端末でWordpressにログインした場合は、
編集が終了次第直ちにログアウトを行いましょう。

管理画面(ダッシュボード)の右上を見ると、

「こんにちは、◯◯さん」

と表示されています。

こんにちは、◯◯さん

そこにカーソルを合わせることで、

  • ユーザー名
  • プロフィールを編集
  • ログアウト

の項目が出てくるので、

「ログアウト」

をクリックします。

ログアウト

「ログアウトしました。」

の表記が表示され、
ログイン画面に戻っていれば、
ログアウト完了となります。

ログアウトしました

3.Wordpressにログインできない原因と対処法

ここまでで、Wordpressの
ログイン・ログアウト方法について
お伝えしました。

WordPressのログインは、
通常通りの手順を踏めば問題なく行えます。

しかし、何らかの原因で
Wordpressのログインができないという場合があります。

この章では、Wordpressにログインできない原因と
その対処法について解説していきますね。

3-1.ユーザー名が間違っている

ログインする際に入力したユーザー名が間違っていると、
ログインすることができません。

ユーザー名を間違えて入力した場合は、

「エラー:ユーザー名が無効です。」

というメッセージが表示されます。

ユーザー名が無効です

その際は、正しいユーザー名を
記載することで解決できます。

 

「ユーザー名を忘れてしまった…」

という場合は、エラーメッセージの横にある、

「パスワードをお忘れですか?」

と記載されたリンクをクリックしてください。

新しいパスワードを取得

すると、新しいパスワードを取得するための画面に移行するので、
Wordpressをインストールする際に使用したメールアドレスを入力して

「新しいパスワードを取得」

ボタンを押下します。

確認用のリンクをメールで送信

「確認用のリンクをメールで送信しましたので、ご確認ください」

画面が表示されるので、メールを確認してみます。

ユーザー名が記載されたメールが届いているので、
そこからユーザー名を確認することができます。

3-2.パスワードが間違っている

ユーザー名と同様に、
パスワードを間違えて入力した場合も
ログインはできません。

パスワードを間違えて入力した場合は、

「エラー:ユーザー名◯◯のパスワードが間違っています。」

というメッセージが表示されます。

パスワードが間違っています

こちらも正しいパスワードを入力することで、
解決することができます。

「パスワードを忘れてしまった…」

という場合も、ユーザー名を忘れたときと同様にエラーメッセージの横にある、

「パスワードをお忘れですか?」

と記載されたリンクをクリックしてください。

新しいパスワードを取得

新しいパスワードを取得するための画面に移行するので、
wordpressをインストールする際に使用したメールアドレスを入力して

「新しいパスワードを取得」

ボタンを押します。

確認用のリンクをメールで送信

「確認用のリンクをメールで送信しましたので、ご確認ください」

画面が表示されるので、メールを確認してみます。

パスワードをリセットするには以下へ

すると、パスワードをリセットするための
リンクが記載されたメールが届いているので、
リンクをクリックします。

パスワードをリセット

新しいパスワードを入力する画面が出てくるので、
入力して

「パスワードをリセット」

ボタンを押下します。

そうすることで、
パスワードが入力したものに変更されるので、
再度ログイン画面で入力してみてください。

※パスワードは推測されにくい強力なものにすることをおすすめします。

3-3.Wordpressアドレスの設定ミス

「ユーザー名もパスワードも合っているはずなのにログインできない!」

この場合は、WordPressのアドレスの
設定ミスをしている可能性が高いです。

WordPressのダッシュボードから

「設定」→「一般」

といくと、WordPressアドレスが
記載されている項目があります。

Wordpressアドレス

WordPressアドレスは文字通り、
サーバーにインストールされている
WordPressの階層を表しています。

このWordPressアドレスを書き換えると、
実際にサーバーにインストールされている階層にたどり着けなくなり、
それが原因でログインができなくなるという事態が発生します。

 

この場合は、WordPressの構成ファイルの一つである
wp-config.php」を編集することで解決できます。

wp-config.php」を編集するには、

  • FTPソフトを使って編集する
  • レンタルサーバーの管理画面を使って編集する

の2パターンがあるのでそれぞれ解説していきます。

FTPソフトを使って編集する場合

 FTPソフトで、
WordPressがインストールされているレンタルサーバーにアクセスすることで、
サーバーのファイルを編集することができます。

レンタルサーバーのログイン情報は
レンタルサーバーの管理画面から確認することができます。

下記はXサーバーのログイン情報になります。

FTPアカウント

FTPソフトに該当ログイン情報を記載し、
アクセスすることでサーバー上に存在するファイルが一覧で表示されます。

ファイル一覧

「public_html」の中に、
wp-config.php」があるので、それを開きます。

wp-config

開いたファイルの下部に、

「編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。」

の文言を探します。

編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。

該当文言を見つけたらその上に以下文言を追加します。

define( ‘WP_SITEURL’, ‘正しいWordPressアドレス‘ );

define( 'WP_SITEURL', '正しいWordpressアドレス' );

 ファイルを更新した後に、
再度ログインを試みることで無事にログインすることができます。

レンタルサーバーの管理画面を使って編集する場合

FTPソフトを使えない場合は、
ファイルマネージャから修正することが可能です。
(以下は
Xサーバーの例になります。)

まずレンタルサーバーのファイルマネージャを開きます。

ファイルマネージャー

ファイル画面一覧が表示されるので、
「public_html」をクリックします。

ファイル名を取得しました

すると、WordPressのファイルの一覧が出てくるので
その中から

wp-config.php

を探します。

wp-config

wp-config.php」を選択したあとは、
右上に「ファイルの操作」一覧があるので
その中から

「編集」

を選択します。

ファイルの操作

すると、「wp-config.php」の中身が表示されるので、
FTPのときと同様に、

define( ‘WP_SITEURL’, ‘正しいWordPressアドレス‘ );

を追記して、「保存する」ボタンを押します。

保存する

 すると、ファイルが更新されるので、
再度ログインを試みることで無事にログインすることができます。

3-4.プラグインの影響

WordPressにインストールしているプラグインが
何かしらの不具合を引き起こして、
ログインができなくなることがあります。

その場合は、プラグインを無効化することで解決することができます。

FTPソフトを使って編集する場合

 FTPソフトを使ってレンタルサーバーにログインをすると、
WordPressファイルの一覧が表示されるので、
その中から

plugins

というフォルダを探します。

(pluginsはpublic_html→wp-contentの中にあります。)

plugins

右クリックでフォルダに対する操作が行えるので、
そのフォルダの名前を

/wp-content/plugins2/

などに変更します。

/wp-content/plugins」以外の名前ならなんでもOKです。)

plugins2

フォルダの名前を変更することで、
プラグインが自動的に無効化されるので、
プラグインが原因でログインが出来なかった場合は
これでログインできるようになります。

レンタルサーバーの管理画面を使って編集する場合

FTPソフトを使えない場合は、
レンタルサーバーの管理画面から修正することが可能です。
(下記は
Xサーバーの例になります。)

まずレンタルサーバーのファイルマネージャを開きます。

ファイルマネージャー

ファイル画面一覧が表示されるので「public_html」をクリックします。

ファイル名を取得しました

「wp-content」があるのでそちらをクリックします。

wp-content

すると、WordPressのファイルの一覧が出てくるので
その中から「
plugins」を探して、左のチェックマークをつけます。

画面右上に

「ファイル名の変更」

ボタンがあるのでそちらをクリックします。

ファイル名の変更

ファイル名を変更することができるので、
FTPのときと同様にフォルダ名を

plugins2

などに変更して、
「名前の変更」をクリックします。

フォルダ名が変更されることで、
プラグインが自動的に無効化されるので、
プラグインが原因でログインが出来なかった場合は
これでログインができるようになります。
 

3-5.Cookieの影響

ブラウザにログイン情報等を保存するCookieの不具合によって、
WordPressのログインができない場合もあります。

そんなときは、Cookieを削除することによって解決できます。

 Cookieの削除はブラウザの設定で行うことができます。
(下記はGoogle Chromeに設定方法になります。)

Google Chromeの右上にある
Google Chromeの設定」から

「その他のツール」

を選択します。

 その他のツール

表示された一覧の中から

「閲覧履歴を消去」

をクリックします。

閲覧履歴を消去する

「Cookieと他のサイトデータ」
の部分にチェックマークを入れて、

「データを消去」

をクリックします。

閲覧履歴データを消去する

以上でCookieの削除が完了しますので、
Cookieの影響でログインできなかった場合は、
これでログインできるようになります。

3-6.レンタルサーバーがメンテナンス・障害等で稼働していない

極稀にですが、
WordPressをインストールしたレンタルサーバー自体が
メンテナンスや障害で使えなくなっている場合があります。

メンテナンス障害情報

その場合はサーバー側の問題となるので、
こちら側ではどうしようもありません。

レンタルサーバーのメンテナンス状況を確認して、
正常に稼働するのを待ちましょう。

4.Wordpressのログインに役立つおすすめプラグイン2

この章ではWordPressのログインに関連した
お役立ちプラグインを
2つ紹介します。

4-1.Gianism

Gianism

Gianismは従来のログイン情報だけでなく、
自らの
FacebookTwitterといったSNSアカウントで
WordPressにログインが可能になるプラグインです。

 

WordPressのユーザー名とパスワードは、
WordPressにログインするときにしか使わないので忘れやすいものです。

SNSを頻繁に使う人であれば、
馴染みのある
IDとパスワードでWordPress
ログインすることができます。

WordPressのログイン情報を覚えるのが
めんどくさい人は是非とも活用してみてください。
 

4-2.SiteGuard WP Plugin

SiteGuard WP Plugin

SNSや普段使っているWEBサイトの不正ログインによって
データを悪用されることが問題視されていますが、
WordPressも例外ではありません。

自動的にログインを試みるAIが浸透していることもあって、
気がついたら
WordPressに不正ログインされて
データが全部消されていたなんてことにもなりかねません。

 

「SiteGuard WP Plugin」を導入することによって、

  • ログインを何度も失敗するユーザーに対してロックを掛ける
  • ひらがなの画像認証機能を搭載

と、AIからの不正ログインから
サイトを守ることができるようになります。

WordPressのログイン可否で困っていることはなかったとしても、
セキュリティ面で不安がある方は是非とも導入してみてください。

5.まとめ

今回はWordPressのログインに関して、

  • WordPressのログイン方法
  • WordPressのログアウト方法
  • WordPressにログインできない理由と対策
  • WordPressのログインに役立つおすすめプラグイン2

についてお話致しました。

 

今回の内容であなたのWordPress
ログイン関連についての悩みが解消されれば幸いです。

それでは本日は以上になります。

ありがとうございました!

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

新田祐士プロフィール画像

監修・新田祐士

「ネットを使った教育産業化」をテーマにして、様々な業界と関わるようになる。インターネットを使って、様々な業界が「教育産業」となって、その業界に関わった人たちが成長するような仕組みを作り、今の教育機関に変わる新たな教育システムを作ることを目指している。