2018.12.29 更新 | WordPress

SEO効果を10倍高めるWordPressのパーマリンク設定方法

WordPress パーマリンク
シェア ツイート  B! はてブ Google+ Pocket

今回は、
「WordPressのパーマリンク設定方法」
をテーマでお話していこうと思います。

パーマリンクはWordPressでメディア運営をしていく上で、
まず一番はじめに必要な概念になります。

 

メディア運営をしていく上では、
「SEOに強いサイトを作れるかどうか?」
ということが非常に重要ですが、そのためには、
この「パーマリンクの設定」が非常に重要になってくるのです。

 

では、なぜWordPressでメディア運営をしていく上で、
パーマリンクが重要になってくるのか?

そこで、今回の記事ではパーマリンクの設定方法に加えて、
メディア運営におけるパーマリンクの重要性についても解説していきます。

ぜひ、記事を読みながら、同時に設定の方も進めてみて下さい。

1.WordPressのパーマリンクとは?

パーマリンクとは、WordPressの記事毎に指定した個別のURLのことです。

 

例えば、当サイト記事の一つである、
Twitterフォロワー数4万人から年商2億を売り上げる影響力の本質
の場合だと、

「/twitter-followers/」

の部分がパーマリンクになります。

2.パーマリンクの設定を行うことで得られる3つのメリット

パーマリンクの設定をすることで、
WordPressの運営をする上では3つのメリットがあります。

2-1.リンクを見れば記事を判別できる

パーマリンクは、
WordPressをインストールした段階では、
サイトURLの末尾に、

「?p=番号」

がつきます。

しかし、番号だけの場合だと、
どの記事のことを指しているのかが、
ひと目見ただけでは分かりません。

そこで、パーマリンクの設定を行うことで、
リンク自体にも任意の名前をつけることができるのです。

 

例えば、本記事は、
WordPressのパーマリンクについての記事なので、

「http://creafonsweb.com/wordpress-permalink/

としています。

 

こうすることで、
ひと目見ただけでWordPressのパーマリンクについて
書かれた記事だと認識できます。

 

また、Google Search Consoleヘルプページにも、
「評価される記事の定義」として、シンプルなサイトURL構造が推奨されています。

サイトのURL構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URLを構成できるよう、コンテンツを分類します。たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/AviationのようなURLであれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1のようなURL自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。(引用元:Google Search Consoleヘルプページ

2-2.リンクを短く簡潔にまとめられる

パーマリンクの設定をすることで、
URLを短く簡潔にまとめることができます。

最低一文字からでも設定することができるため、
長くなりがちなサイトのURLを短くして、
簡潔に管理することができるようになります。

 

ただし、注意点としては、
後述するパーマリンクの設定をする際に、
日本語にしてはいけません。

というのも、
日本語でパーマリンクの設定を行うことによって、
コピペした際に非常に長い文字列となってしまうからです。

 

例えば、記事のリンクを「パーマリンク」と設定したとしましょう。

すると、このURLが…

http://creafonsweb.com/wordpress%e3%80%80%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF/

という風になるのです。

 

こうして作られる長過ぎるURLは、
グーグルのクローラーも巡回しにくくなり、
SEO評価も下がると言われています。

なのでパーマリンクをする際は、
URLをローマ字にするよう注意しましょう。

2-3.サイトのアクセス解析がしやすい

WordPressには、
アクセス状況を管理することができる
グーグルアナリティクスを導入することができます。

サイト運営をするにあたって、
グーグルアナリティクスによる、
サイト分析は必ず必要となる作業です。

 

グーグルアナリティクスでは、
サイト全体のアクセス数はもちろんですが、
各記事のアクセス数も確認することができます。

その際、パーマリンクの設定を行っていない場合は、
URLの末尾に番号が振られるだけになってしまいます。

すると、どの記事に
どれほどのアクセスが集まっているのかが、
ひと目で分からなくなります。

そのため、
パーマリンクを設定することで、
どの記事にどれほどのアクセスが集まっているのかが、
ひと目で分析できるようになるのです。

3.パーマリンクの設定を早めに行うべき3つの理由

パーマリンクの設定は、早ければ早いほど良いとされています。
(理想的には、WordPressをインストールしてすぐ設定すべきです。)

というのも、サイト運営をしている途中で
パーマリンクの設定を変えてしまうと、
3つの不都合が発生してしまうのです。

3-1.ソーシャルシェア回数がリセットされる

あなたの書いた記事が、他の人が見て、

「この記事は面白い!」
「有益な記事だ!」

と思ってもらえれば、
SNSボタンを押して貰える可能性があります。

そして、このソーシャルシェア回数が多ければ多いほど、
SEO評価も高まり、検索上位に上がりやすくなるのです。

ですが、パーマリンクの設定を途中で変更すると、
ソーシャルシェア回数がリセットされてしまうのです。

 

仮に書いた記事がSNSでバズったとしても、
パーマリンクの途中変更でリセットされてしまうと、
非常にもったいないことになります。

3-2.SEO効果がリセットされる

検索エンジンの評価は、
サイトのURL単位で決められています。

 

つまり、パーマリンクの設定を変更すると、
URLも変わってしまうので、
SEO効果もリセットされてしまうのです。

たとえ記事の内容が同じだったとしても、
検索順位が今のまま保たれる保証はありません。
(むしろ下がる可能性もあります。)

3-3.リンクが無効になる

パーマリンクの設定を行うと、URLも変わってしまうので、
外部から貼られていたリンクが無効になります。

 

例えば、他のブログ運営者や、
Twitterやfacebook等を利用している人に、
あなたの書いた記事のURLを共有されていたとしても、
URLが変わってしまうことで、エラーリンクになってしまうのです。

4.理想のパーマリンクの設定とは?

パーマリンクは主に、

「ドメイン/カテゴリー名/記事タイトル」

及び、

「ドメイン/記事タイトル」

の2種類に設定することができます。

 

当サイトでは、URLは後者の、
「ドメイン/記事タイトル」
を採用しており、こちらを理想的な
パーマリンクとして定義しています。

 

というのも、サイト運営を進めていくと、
サイトのカテゴリーを途中で変更する場合があるからです。

 

仮に、パーマリンクの設定を、
「ドメイン/カテゴリー名/記事タイトル」
にしていた場合は、
カテゴリを変更することで、記事のURLが変更されてしまいます。

 

そうなると、前章で説明した、

  • ソーシャルシェア回数がリセットされる
  • SEO効果がリセットされる
  • リンクが無効になる

という不都合が発生してしまうのです。

そのため、パーマリンクの設定を行う際は、
「ドメイン/記事タイトル」
とすることをおすすめします。

5.パーマリンクの設定方法

パーマリンクの設定は、
数分とかからずに簡単に行うことができます。

これからパーマリンクの設定方法をお伝えしていきますので、
まだ設定が終わっていない場合は、
本記事を見ながら行っていきましょう。

 

まず、WordPress管理画面の「設定」から「パーマリンク設定」をクリックします。

 

パーマリンク設定画面に移行するので、
共通設定部分の「カスタム構造」にチェックをいれます。

 

 

空白の入力欄に、

「/%postname%/」

と入力(または選択)します。

 

 

「変更を保存」

ボタンをクリックします。

 

これで、パーマリンクの設定自体は終わりです。

 

次に、実際設定したパーマリンクを記事に反映させていきます。

記事投稿場面のパーマリンクに

「編集」

ボタンがあるのでそちらをクリックします。



 

パーマリンクの編集が行えるようになるので、
任意のURLを打ち込みます。

 

 

URLの英語が思いつかない場合は、
ページ内容を表すキーワードを考えて、

グーグル翻訳

で検索してみてください。

 

例えばパーマリンクであれば、

「パーマリンク」

と翻訳してみます。

 

 

すると、

「permalink」

と翻訳されたので、こちらを採用します。

パーマリンクの記載が終わった後に、
OKボタンを押して、記事の公開をすることで、
指定したパーマリンクで記事が公開されます。

これでパーマリンクの設定は以上になります。

まとめ

今回は、
「WordPressのパーマリンクの設定方法」
というテーマで、

  • WordPressのパーマリンクとは?
  • パーマリンク設定で得られる3つのメリット
  • パーマリンク設定を早く行うべき3つの理由
  • 理想のパーマリンクとは?
  • パーマリンクの設定方法

についてお話しさせていただきました。

 

ぜひとも今回の記事の内容を参考にして、
パーマリンクの設定を行っていただけたらと思います。

それでは今回は以上になります。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

新田祐士プロフィール画像

監修・新田祐士

「ネットを使った教育産業化」をテーマにして、様々な業界と関わるようになる。インターネットを使って、様々な業界が「教育産業」となって、その業界に関わった人たちが成長するような仕組みを作り、今の教育機関に変わる新たな教育システムを作ることを目指している。