2018.12.11 更新 | WordPress

関連記事を自動表示するWordPress Related Postsの設定方法

関連記事表示のプラグイン
シェア ツイート  B! はてブ Google+ Pocket

今回は、ワードプレスの記事下などに関連記事を表示するプラグイン、
「Wordpress related posts」の使い方について解説していきます。

ブログ記事を読み終わった後に関連記事の表示があると、
「お!この記事も気になる!」
と、他の記事も読んでもらうチャンスが増え、
PV数も高まり、その先の売上にも繋がっていきます。

 

1つの記事から次の記事、
また次の記事と読んでもらうキッカケを作るためにも、
ぜひ、関連記事の表示機能を活用していきましょう。

1.Wordpress related postsのインストール方法

まずは、Wordpress related postsをインストール方法を解説していきます。

WordPress管理画面のプラグインから「新規追加」を選択します。

右上に出てくる検索窓に「WordPress Related Posts」と入力します。

すると、左上に「WordPress Related Posts」のプラグインが出てくるので、
「いますぐインストール」をクリックしましょう。

「今すぐインストール」の後は、
「有効化」をクリックします。

「有効化」できれば、WordPress Related Postsのインストールは完了です。

2.Wordpress related postsの使い方と設定

では次に、「WordPress Related Posts」の使い方と
その設定方法を解説していきます。

2-1.WordPress Related Postsの基本設定

まずは、WordPress管理画面の設定から
「WordPress Related Posts」を選択します。

すると、設定画面が表示されます。

「Related Posts Title」の入力欄には
デフォルトでは英語で入力されていますが、
ここでは「関連記事」と入力してみます。

ここに記入したものがそのまま記事画面に反映されるので、
「その他コンテンツ」や「その他オススメ記事」など、
任意のものを入力しましょう。

また、「Number of Posts」の入力欄には、
表示したい関連記事数を入力します。

 

WordPress Related Postsの設定はこれで完了です。

2-2.WordPress Related Postsの詳細設定

ここまでの操作のみでも
関連記事の表示がきちんと反映されているのですが、
基本設定以外にも詳細の設定をすることができます。

以下からは、比較的使う頻度の高いであろう操作を解説していきます。

 

まずは、Advanced settingsの横にある▽をクリックします。

すると、隠れていた表示が出てきます。

「Enable Themes」は、
そのままチェックを入れたままでOKです。

 

「Layout」は関連記事の画像の幅を選択することができます。

自分の好みの幅に設定すればよいでしょう。

次に、下記の「カスタマイズ」の項目で
設定したい箇所にチェックしていきます。

ちなみに、画像(サムネイル)はクリック率が格段に高くなるので、
関連記事の表示には必須と言えます。

特別な理由が特にないのであれば、
ここは必ず設定しておきましょう。

 

関連記事に画像(サムネイル)を設定していない場合は、
「ファイルを選択」をクリックして
初期設定の画像(サムネイル)選択します。

 

画像(サムネイル)の幅と高さのサイズは、
「Custom size thumbnail」にチェックを入れて設定します。

 

サムネイルの設定はこのような流れです。

「Other Settings」の項目では、
関連記事に表示する記事の中から除外したい記事に
チェックを入れることができます。

 

次に、下の方にある項目は、
チェックボックスを入れることでこのような設定ができます。

・Auto Insert Related Posts

関連記事を自動的に挿入するようになります。
チェックを外すと、好きな場所に関連記事を表示することができます。

その場合は、
<?php wp_related_posts()?> 
の部分をコピーして、表示させたい場所に貼り付けます。

 

・Display Related Posts in Feed

RSSフィードにも関連記事を表示できるようになります。

 

・Support us 

「WordPress Related Posts」のロゴを表示します。

ここにはチェックは入れなくていいです。
「WordPress Related Posts」を広める為にロゴを表示して欲しいという意味です。

まとめ

WordPress related postsの
初期設定方法と使い方については以上になります。

関連記事を表示させて、
ブログのPV数やユーザビリティ向上に役立ててください。

それでは、最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

新田祐士プロフィール画像

監修・新田祐士

「ネットを使った教育産業化」をテーマにして、様々な業界と関わるようになる。インターネットを使って、様々な業界が「教育産業」となって、その業界に関わった人たちが成長するような仕組みを作り、今の教育機関に変わる新たな教育システムを作ることを目指している。